【つみたてNISA】次に挑んだものとして

NISA
Let's hope it is the agent to bring happiness.
Advertisement

かーちゃん勢いづく

iDeCoで調子に乗ったかーちゃんは、勢いそのままNISAにもノッかることにしました。

すでにiDeCoの口座をSBI証券で開いていたので、NISAの口座も迷うことなくSBI証券で開設。いや、迷ってもよかったのかもしれません。でもほら、勝手知ったる、というか、旧知(いえ、新知ですね)の仲というか。

まあ、なんだかんだで頭を使い続けていたかーちゃんは「悩まない」という楽な道を選んだわけです。

「NISA」か「つみたてNISA」かも迷うところなのでしょうが、年間投資枠120万円(NISAの上限)も投入できるほどの資金を持っているわけがなく、今後用意する自信もからっきしございませんでしたので、ここでも迷わず「つみたてNISA」を選択。

とまあ投資枠のみで判断したかーちゃんは、とにもかくにも「つみたて」であることを失念しておりまして、

おう、一括購入できないのね

と、いざ設定する段階になって理解したわけです。

月々の投資枠も33,333円しかありません。すでに2018年も残すところあと3か月だというのに、これでは投資枠40万円(つみたてNISAの上限)を使い切れないではありませんか。

もったいない!

でも、かーちゃんはめげません。

裏技(というほどではないのかもしれませんが)を探しました!

検索しました!

そして発見、「ボーナス月コース」なるものを!!

パッと見たときはボーナスのある方に向けた設定で、そんなもののないかーちゃんには関係ない、と思っていたのですが、のんのん。そんな真面目に受け取らなくてもよかったのです。とにもかくにもこの「ボーナス月コース」で一気にドカッと購入したかーちゃんはひとまずここで一息いれることにしたのでした。(参照:SBI証券 よくあるご質問 Q&A

かーちゃんの選択は決して慧眼によるものではなかった

ちなみに、かーちゃんがつみたてNISAのために選んだ商品はこちら

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

理由:当時は(今もかしら?)eMAXIS Slimシリーズの素晴らしさを謳うサイトが多く、なかでもとくに無難そうだったので。

eMAXIS Slim新興国株式インデックス

理由:なんだかんだで「新興国」という響きに弱いので。

ニッセイ外国株式インデックスファンド

理由:eMAXIS Slimだけにするのも癪なので、それ以外で先進国(これはマストかな、と)を対象にしていて、無難なものを探したところ浮上してきたので

SBI・新興国株式インデックス・ファンド

理由:「雪だるま」という愛称が気に入ったので

ここで、iDeCoの時とは違い、すこし学んでおこうと思ったかーちゃんは、いかなる投資信託がよいものとされているのか調べてみました。

結果、ノーロード(販売手数料がタダ)かつ信託報酬が低いものがベター(ベストではない)ということが判明。

うん、うん、かーちゃんが選んだものはどれも当てはまるぞ、さすが、と思った矢先、さらなる事実が判明。

そもそも、

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており

出典:金融庁 つみたてNISAの概要 つみたてNISAとは

ですって。

なんだあ。結局iDeCo同様制度に守られていたのですねえ。

ちなみに、個々の商品については以下により詳しくまとめましたので、ご参照いただけますと幸いです。

かーちゃんいまさらながらに気づく

さてさて、このころ、かーちゃんはもうひとつ、とあることに気づきました。

そっか、つみたてNISAって株式を買えないのか

はい、もう、いかに知ったかで投資をスタートさせていたのかがわかる流れですね。

そうなのです。なんとなくのイメージで投資=株式と思っていたかーちゃんは、このころになってようやく、投資にもいろいろある、ということを理解しはじめたのです。

あ、もちろん「投資信託」がいかなるものかはiDeCoを開始するにあたってきちんと調べましたよ。文字通り、他者(運用会社)を「信」じて「投資」を「託」すのですよね?

ただ、ここでいうところの「投資」にあたる部分に「株式」以外のものが含まれることを(うっすら感じてはおりましたが)いまさらながらに認識したわけです。咀嚼したわけです(恐らく嚥下まではいっておりません)

考えてみたら、住宅の購入も立派な「投資」なのですよ、不動産投資。

さらに言えば「勉強」や「習い事」、「読書」だって、この「ブログ」だって、「昆虫採集」だって、なんだって!良きにつけ悪しきにつけ、将来何かしらの結果を導きうるものはすべて「投資」なのです!!

もっかキッズの昆虫採集につきあわされてヘトヘトのかーちゃんですが、これもやがてはキッズの将来に結びつくと考えれば、ミミズを触ることも厭いません。セミのおしっこもへっちゃらです。

おっと、話を戻しましょうか。

とにかく、いまさらながらに投資の何たるかをちょびっとつかんだかーちゃんは、他者を「信」じて「託」すだけでは物足りなくなりました。

そのとき、ふと目についた存在。

それがまさに狙っていたトンボを取り逃がしてはかーちゃんのせいだとつっかかってくる、我がスリー・キッズでした。

かーちゃんキッズを利用する

はい。かーちゃん自身の口座をNISAにする勇気と資金はないけれど、キッズのためにという名目があれば(もちろん、実質もともなっていますよ)、キッズのお金を動かせるではないか!と気づいたのです。

親としてちょこちょこ積み立てていた分もありますが、ジジサマ・ババサマという強力なバックアップが彼らにはついていますからね。正直、かーちゃんよりも資金はあります。

そこで(もちろん愛しのダーリンに相談のうえ)、キッズのためにジュニアNISA口座を開設。そこに彼らの貯金を投入することにしたのです。

詳細は以下にまとめてありますので、ぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました