【eMAXIS Neo】ジュニアNISAとして:スリーキッズの選択

NISA
Waiting for the time to come.
Advertisement

スリーキッズのジュニアNISA枠において、投資信託としてeMAXIS Neoの購入を検討しているかーちゃん、これにしよう、いや、これも捨てがたい、とあれやこれや思案していたのですが、ふと、思い立ちました。

いっそのことキッズに選択を委ねてみてはいかがか、と。

あれやこれやと悩んでいることがキッズ論理からズバッと解決されることは往々にしてあるもので、今回もぜひ力を借りるべきなのではないか、と。

他でもない、ジュニアNISAなのです。

というわけで、とうとうスリーキッズに投資という世界の存在を垣間見せるべく挑んだ過程をまとめました。

応援という意味を込めて

もちろん、いきなり「投資信託とは何か」なんて話はしません。幸い、eMAXIS Neoにはそれぞれわかりやすいテーマがあるので、その中に「自分のお金を出してまで応援したいテーマはあるか」と尋ねてみることにしました。

すると、いきなりこんなツッコミが

え、なんで?お金出さないといけないの?

まだどのようなテーマがあるのかも切り出していない段階からシビアな返しが…存外ケチな性分のようです。

あ、いや、まあ、出すとしたら、ということで

実際は出すのですが、かーちゃん、ここは濁すことにしました。

とにもかくにも、ようやくテーマを説明、以下、それぞれの反応を見ていきましょう。

と、その前に、各テーマの詳細についてはぜひeMAXIS Neoのサイトを、もしくはかーちゃん流にまとめた記事をご参照くださいませ。

Advertisement

では改めて、まいりましょう。

自動運転

車に自動で動いてもらえるようになる、というのはどう?

えー、イヤだ

え、イヤなの?

うん、イヤだね

AもBも即否定。早速の展開にかーちゃんタジタジです。

どうして?

だって、自分で運転するほうが楽しそうだもん

うん、自分で運転したい

なるほど!

運転するー!

Cも賛同。というわけで、自動運転は即却下です。

サクサクと行きましょう。

ウェアラブル

腕時計みたいな機械で健康管理するようになる、のはどう?

それいいね。

これは好感触。あ、ちなみにだいぶはしょった説明をしておりますが、そこはご容赦くださいませ。

気に入った?

うん、お天気とか、「今日は寒いよ」とか「今日は動物園行く日だよ」とか教えてくれたらもっとおもしろい

おお、提案までされますか。ただ、BとCはあまりノリ気ではない様子。話に入ってきません。

とりあえず、先へと進みましょう。

フィンテック

お金を管理して、どのくらいあるよとか教えてくれるシステムは?

すこしざっくばらんな説明だったかしら、と具体的なことを言おうとしたところ、

うーん、いらない。

え、いらないの?

うん、お金のことよりも自分のことを知りたい

ほほう、そう来ますか。BとCも相変わらず話に入ってこず、パズルをしはじめる始末です。

まあ気にせず行きましょう。

ナノテクノロジー

とても小さな機械や効き目のある薬をつくる、というのは?

うーん、なんだか難しそうだね。

そう思う?

これはもうすこし説明が必要かと思いきや、

うん、それにすぐ壊れそう。

ちゃっかり話は聞いていたらしいBがツッコんできました。AもBもあまりピンと来ていない様子だったので、ウェアラブルで話題に出た腕時計とか、ロボットをつくるのにも必要な技術だよと説明するものの、ノッてきません。

かーちゃんの説明が至らないところも多々あるとは思いますが、とにかく進めましょう。

バーチャルリアリティ

スターウォーズに出てきたモンスターチェス覚えてる?

うん

覚えてる

あれができるようになる、というのはどう?

あ、それはほしい!

やりたい!

やはりそう来ますね。すると、ここでかーちゃんメモを覗き込んだAが、早くも待機中の項目に食いつきました。

ドローン

ドローンってあのドローン?

そう。

空飛ぶやつ?

そう。それがもっと使いやすくなったらどうだろう?

それがいい!

ドローンほしい!

なるほど。

ドローン!

Cまでノッてきましたよ。やはり子どもは実際に触れたり遊んだりできるものにまずは興味を持つようですね。どこで飛ばすか、どのようにして遊ぶのか、とドローン話に花が咲きそうになりましたので、とにもかくにも、すべての項目に目を通しておこうと声をかけまして…

宇宙開発

宇宙旅行ができるようになる、というのはどう?

これ、絶対に食いつくと思ったのですが、

えー、行きたくない

返ってきたのは意外な反応。Aもいらないと首を横に振っています。

え、そう?おもしろそうじゃない?

ぜんぜん。だって迷子になったらイヤ

うん、帰れなくなったらイヤ

ほほう。いまのところ冒険心はなさそうですね。親心としてはすこし複雑ですが、とにもかくにも、残すところはあと2つ。

ロボット

ロボットを使って、お掃除やものづくりができるようになったら?

すでに実用化されているものもあるところはさておき、

楽しそう!

やはりこれは食いつきました。

自分でもつくりたい!

おお、クリエイトもしたいと。これは嬉しい心意気です。

ロボット!

Cにも気になるワードのもよう。最後の1つを見てから絞り込みに入るとしましょう。

遺伝子工学

治りにくい病気を治りやすくする、というのはどう?

うーん

おや、あまりピンと来ないのかしらと思い、

病気が治るようになったら嬉しくない?

補足してみたのですが、どうやら理解はしていたようです。

嬉しいよ。でも、それは病気になった人のためだけだよね

な、なかなかにキツイ一言が。

うん。でも、例えばかーちゃんがいまは治らない病気になったとき、いつか治るようになったら嬉しくない?

自分を引き合いに出すのもどうかなと思いつつ尋ねてみました。すると、

だったら、病気にならないようにしたほうがいい。さっきの腕時計でみんなが病気にならないようになったほうがよくない?

うぬ、なかなかな視点ではありませんか!

ということは、このお薬よりも腕時計のほうがいい?

うん、腕時計はみんなのためになるから

親バカかもしれませんが、投資のセンスがあるかも、と思わずにはいられません。

Advertisement

絞り込み

とにもかくにも、候補が以下のように絞られたところでもう1度どれがもっとも興味深いか尋ねてみることにしました。

  • ウェアラブル:みんなのためになる
  • バーチャルリアリティ:モンスターチェスができるようになる
  • ドローン:遊びたい
  • ロボット:つくりたい

Aはウェアラブルが(健康管理のできる腕時計として)だいぶ気に入ったようで、

ドローンと腕時計、どっちがいい?

と尋ねてみても、

うーん…腕時計!

との回答。決まりですね。

Bはドローンとロボットで迷っていたのですが、

ロボットつくりたい

もうこうなったらクリエイター志向を応援するほかありません!

かたわらではCが

ドローン!ドローン!

と騒いでいたのですが、いざ、

ドローンとチェスとロボットだったらどれがいい?

と尋ねてみると(ウェアラブルは端から興味なさそうだったので除外)、

チェス!

お、そっちですか。念のため再度尋ねてみましたが、

チェス!

変わりはありませんでしたので、これで決まりです。

Advertisement

選抜結果

eMAXIS Neoのスリーキッズの選択は以下の通りとなりました!

  • 子どもA-ウェアラブル
  • 子どもB-ロボット
  • 子どもC-バーチャルリアリティ

これを先日まとめた表にあてはめると…

所有者 株式 投資信託 ETF
子どもA 東レ(3402) eMAXIS Neo ウェアラブル VTI
子どもB 三菱重工業(7011) グローバル3 3
eMAXIS Neo ロボット
QQQ
子どもC 株式〔は〕 eMAXIS Neo バーチャルリアリティ SPYD

だいぶ埋まりましたね!残すところは子どもCの日本株式のみです。

ちなみに、すでに投資信託グローバル3倍3分法ファンドを購入している子どもB枠には当初eMAXIS Neoをあてはめる予定はありませんでしたが、子どもAとCだけ希望を聞くのも妙な話ですし、後々「あのときロボットがいいと言ったではないか」と責められても困るのでここは二刀流で行こうかと思います。

ふう

とりあえず大筋が決まったところで、しばらくは資金集めに専念することといたしましょうか。

昨年(2019年)は子どもBの投資額がかーちゃんの失策により少なくなっておりますので、今年(2020年)は子どもB枠の消化から優先していく所存です。すでに三菱重工業(7011)は購入しましたので、残り枠をめいっぱい使用してeMAXIS Neo ロボットを購入することにします(時折QQQに手を出しつつ??)

子どもAは新規入金はすべてeMAXIS Neo ウェアラブルの購入に充て、VTIの配当でVTIを追加購入します。子どもCも同様、eMAXIS Neo バーチャルリアリティの購入を優先し、SPYDの配当はSPYDの追加購入に充てましょう。

子どもCの日本株式は焦らずじっくり見ていくことにします。

さあ、2020年はあと10か月、どこまで埋めることができるでしょうか!?

タイトルとURLをコピーしました