【投資】と仕事と【子育て】と:メリット・デメリット

よもやま
No matter what happens.
Advertisement

iDeCoを通して「投資」に出会い、NISAによって「熱意」を育み、時間が経てば経つほど「はじめてよかった」と思っているかーちゃん、ここでちょっと「ママ目線」から「投資」というもののデメリット・メリットを考え、これから「投資」をはじめようか思案しているママたちにかーちゃんなりのメッセージを送りたいと思います。

かーちゃんの基本スタンス

まずはかーちゃんの基本スタンスを述べさせていただきます。

かーちゃんとしての人生に欠かせないもの、それは愛するスリーキッズ(とダーリン)です。スリーキッズの育成を第一に考え、ダーリンの収入だけでなく、かーちゃん自身も「仕事(現状パートタイマー)」によって賃金を得ることでキッズの可能性を可能な限り広げたいと日々励んでおります。

そのため、タイトルにもあるように(仕事を【カッコ】でくくっていません)、かーちゃんにとって「仕事」の比重は軽いです。あくまでも賃金を得るための「手段」ととらえています。

そして、スリーキッズの育成のことを考えて未来に目を向けてみれば、そこには未来の自分もいます(なにごともない限りは)

スリーキッズが巣立った暁には思うがままにやりたいことをやりたいですし(=自分資金も用意しないと!)、スリーキッズがそれぞれ家族を持ったときには迷惑をかける存在にはなりたくありません(=老後資金も貯めておかないと!)

と、思いはじめたところへiDeCo拡散波が打ち寄せ、「投資」ウェルカムかーちゃんが誕生したわけですが、

ここで大事なのは、かーちゃんにとっての「投資」は「仕事」と同様、あくまでも「手段」なのだということ。

しかも、「仕事」という「手段」よりも「リスク」のある「手段」だということです。

この「リスク」というのは、投入したお金が減っていく可能性がある、ということだけに留まらないものがあるとかーちゃんは考えます。

こうしたことを踏まえて、メリット・デメリット(ママ目線、いえ、かーちゃん目線、ですね)をまとめてみました。

投資のメリット・デメリット(かーちゃん目線)

《メリット》

  1. 社会経済により関心を持つようになる
  2. 関心を持って調べていくと知識が身につく
  3. 子どもにも社会経済に目を向けた考え方を持たせられるかもしれない

《デメリット》

  1. 投資のための口座開設にはなんだかんだいってお金と時間と手間がかかる
  2. まったくの初心者にとっては慣れるまでが大変
  3. 状況が気になって目の前のことが疎かになる

さて、メリットから詳しく見ていきましょう。

メリット1. 社会経済により関心を持つようになる

以前もちらっと書きましたが、

株式や投資信託といった金融商品は社会経済の影響をもろに反映します。

そのため、「投資」をはじめて金融商品を買うようになると、より世間の動きに敏感になります。ニュースが以前よりも耳に入るようになります。

そして、同じ町や、遠い異国で起きた出来事が自分の持っている、もしくは買おうとしている金融商品にどう影響するか考えるようになります。

これは、次のメリットにもつながり…

メリット2. 関心を持って調べていくと知識が身に着く

よりよい金融商品とはなんなのか、どういったものが自分には合っているのか、いろいろと調べていくと必然金融のみならず社会経済全般、世界に関する「知識」を身につけられます。

そして、同じ町や、遠い異国で起きた出来事が自分だけでなく、隣の町やそう時間をかけずとも行ける異国にどう影響するのか考えるようになります。

ありとあらゆる出来事をつなぎあわせる「思考力」を養うことになるのです。

すると…

メリット3. 子どもにも社会経済に目を向けた考え方を持たせられるかもしれない

例えば、昨年(2018年)よりはじまったマクドナルドのハッピーセットのおもちゃのリサイクル。

おもちゃリサイクル | ファミリー | McDonald's Japan
遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃが、緑のトレイに生まれ変わるよ!

これは7歳と9歳の姉妹の活動が発端となっているわけですが、

少女たちの署名活動が、バーガーキングを動かした。イギリスでプラスチック製おもちゃを廃止
2人の姉妹が始めた「キッズミールのプラスチック製おもちゃ廃止」を求める署名活動に後押しされたという。
キャンペーンに賛同!
Save the environment - Stop giving plastic toys with fast food kids meals

いえ、なにもかーちゃんスリーキッズにここまでのムーブメントを起こしてほしいわけではないのですよ。

ただ、親が新聞を読んでいると子どもも本を読むようになると言われているように、親が社会経済に目を向けていると、この姉妹がプラスチックのおもちゃに疑問を持ったように、子どもも目に見えるモノの裏にあるモノについて考えるようになるのではないか、と思うのです。

まあ、言ってしまえば上記のことはなにも「投資」をしていなくても実践可能なことです。でも、やっぱり自分の「資産」に直接的な影響を及ぼすとくればより身が入るわけです。

といった具合に、「投資」をすることで得られるものは「利益(もしくは不利益)」ばかりではないメリットがあります。

では、デメリットにはどのようなものがあるのでしょう?

デメリット1. 投資のための口座開設にはなんだかんだいってお金と時間と手間がかかる

そうなのですよ。証券口座を開設すること自体にはお金がかからないかもしれません(SBI証券も楽天証券も無料です)

でも、必要とされる書類に「住民票の写し(原本)」がありますよね(参照:証券会社比較.tokyo 住民票など「NISA口座開設」に必要な準備物は何ですか?

これはどこのお役所でも手数料がかかります。つまり、微々たる額かもしれませんが、決してまったくの無料ではない、ということなのです。

それに、コンビニ交付といったサービスを提供している自治体もありますが、わざわざお役所(もしくは出張所など)まで取りに行かないといけないパターンがほとんどです。

さらに、ネット証券で口座を開設する場合は入金手段も考えておかなければなりません。かーちゃんのオススメはとりあえずゆうちょダイレクトの口座を作っておくことですが、これもまた手間がかかります。

ちなみに、かーちゃん一度近所の銀行(ゆうちょではなく、別に子ども口座をつくっていたところ)へジュニアNISAの話を聞きに行ったことがあります。

親切でしたよ。丁寧でしたよ。押し売りもされませんでしたよ。

でも、話が長かった…銀行の窓口が空いている時間帯は基本仕事なので(この日は保育園の都合でお休みしていました)、口座開設を申請する場合はいつ書類を持参できるかわからない、と伝えると、時間外でも電話いただければ対応します、と言ってくれましたが、それはそれで気が引けます(かーちゃん決められた時間はきっちりと守りたいタイプです)

なんだかんだで口座の開設には大変な労力が求められるのです。

そしてやっと開設できたと思っても…

デメリット2. まったくの初心者にとっては慣れるまでが大変

かーちゃんはSBI証券で口座をつくったわけですが、まあ、わかりにくいったらありゃしない!

いったいどこからどう進めばなにを購入できるのか、皆目見当がつきませんで、親切に案内してくれるブログを参照してなんとか最初の注文にこぎつけたのです。

当時のかーちゃんにとっては「指値」やら「成行」やら、とにかく目にする単語すべてがフレッシュで、「ファンド」というのがいったいなにをさしているのかも理解しておらず、まあ、本当になにをするにも検索→参照→思考→再検索→参照→再考を繰り返さなければ実践に至りませんでした。

いまはだいぶ慣れてきて、注文にも時間をとられることはなくなりましたが、まったくの初心者にとってはこのビギナーズ・モーメントがしんどく感じられること間違いありません。

そして、かーちゃん自身も反省したことなのですが…

デメリット3. 状況が気になって目の前のことが疎かになる

やっぱり慣れるまでは気になってしまうのですよね。

株価とか基準価格とか、チャートの折れ線や本当に注文されているのか、とか、いつ受渡されるのか、きちんと口座管理のページに反映されるのか、とか。とか。とか。

で、ついついスマホを手にしてしまうわけです。

かーちゃん!

はい、すみません。そうですよね。愛するスリーキッズのための「手段」だと言っておきながら、スリーキッズの相手もせずスマホを見ていてはいけませんよね。

かーちゃんこの点は猛烈に反省し、厳格に自分を律することにしています。

  • スリーキッズが寝るまでは「投資」のことは考えない
  • ネオモバチェックはお昼休みとお迎え前のみ(考えてもみれば、1株単位で取引している=約定時間が決まっているかーちゃんにとってはこれで充分なのです)

などなど。

かーちゃんのメッセージ

というわけで、かーちゃんなりに考えたメリットとデメリットを挙げたわけですが、デメリットに関しては1と2を乗り越えて、3に注意すれば、きっとママでも楽しい投資生活を送れるでしょう。

ただし、なにごとも疑う、まではいかないまでも、理解しようとする姿勢がとても大切になってきます。

それから、ここではあまり触れなかった、いわゆる一般的な「投資」における「リスク」も認識しておく必要があります。

また、決して全財産を投入してはいけません

子どものためにも、旦那様のためにも、そしてなによりも自分のためにも、心のゆとりをもって取り組んでいきましょう!

Attention! 投資は子育てに似ています。どれほど愛して、どれほど大切に育てても、望んだ結果を得られるとは限りません。なにが待ち受けていようとも、しっかりと受け止められる土台をつくり、相手を知る努力を怠らず、おおらかに見守っていきましょう。そして、無茶は禁物です。
タイトルとURLをコピーしました