【iDeCo】ちゃんと向き合おうプロジェクト、1と2:Nvest・TOPIX100

iDeCo
See how they expand the flowers outwards.
Advertisement
  1. かーちゃん反省する

さて、子どもBに選んだ投資信託といい、金の購入方法といい、立て続けに失敗している(そして学んでいるはずの)かーちゃん、ここはちょっと振り返ってもう一度選択した商品としっかり向き合うべきではないか?と思い直しました。

そこでまず、はじまりのはじまりに戻ってiDeCo枠として選んだ商品のことを見ていくことにします。

先日ご報告した通り、

【iDeCo】すべてはここからはじまった
かーちゃんiDeCoに魅せられて iDeCoをはじめるにあたって、かーちゃんが気をつけたこと。はい、ほぼありませんでした。 まず...

かーちゃんのiDeCoラインナップは以下のようになっています。

  1. 「朝日Nvestグローバルバリュー株オープン」
  2. 「SBI TOPIX100・インデックスファンド(DC年金)」
  3. 「EXE-I 新興国株式ファンド」
  4. 「DCニッセイ外国株式インデックス」

うち1と2は新しく購入してはいないのですが、とりあえず調べてみました。

朝日Nvestグローバルバリュー株オープン

以下出典:朝日ライフ アセットマネジメント株式会社 朝日Nvestグローバルバリュー株オープン

信託財産の長期的な成長を目指して、運用を行います。

マストですね。

徹底した企業調査により銘柄を厳選し、投資銘柄数は30~50銘柄程度に絞り込みます。

ほほう。ではいったいどのような銘柄を「厳選」されているのでしょう?

かーちゃん奮起して2019年6月28日に出された特別レポートにある全組入銘柄を整理してみました。

国別だとこのようになります。

「日本を除く世界各国」とはいえ、半分アメリカですね。しかも欧米で93%を占めています。アジア頑張れ~

そしてこちらは業種別。

まんべんなく選択しているように見受けられます。ITも控えめです。これはちょっと好印象。

これらの分類は銘柄の入れ替えなどによって変化するものですが、恐らく手堅いところを「厳選」されていくのではないでしょうか。実質的な運用はハリス・アソシエイツ社に委託されているので、ここの腕にかかっているということですね。

Harris Associates L.P. - About Us

信託報酬は1.8%(税抜き)。まだまだ昨今の流れには乗れておりませんが、まあ低いほうでしょう。

SBI TOPIX100・インデックスファンド(DC年金)

以下出典:SBI証券 SBI TOPIX100・インデックスファンド(DC年金) 商品概要

当ファンドは、SBI TOPIX100・インデッ クス マザーファンド受益証券への投資(ファミ リーファンド方式)を通じて、わが国の上場株式 へ投資することにより、信託財産の中・長期的な 成長を目指し、積極的な運用を行います。

ほう。ちなみにTOPIX100とは、

上場後 6 か月以上 経過した東証市場第一部銘柄の中から、時価総額(浮 動株比率を反映させたもの)及び流動性の高い 100 銘 柄で構成される大型指数のこと

だそうな。なるほど。日本株式のなかでもトップに入るものを対象としているということですね。

構成比率は、

原則としてTOPIX100・インデックス構成 銘柄すべてを指数構成比率に従い投資します。

と。運用の効率化を図るためには上記に限らないようですが、まあ、おおむねこの通りというところでしょう。つまり、100%日本です(あ、これは名称からして明らかですね)

ちなみに現在のトップ100はSBI証券さんにリストが掲載されています。

聞いたことのある企業さんばかりですね。

信託報酬は0.24%(税抜き)。さすがです。

1、2ときて

この2つは現在新しく購入していないのですよね。過去に購入もしくはスイッチングしたものを保持しているだけ。

日本株式を見直そう運動を繰り広げている(まではいかないまでも、気持ちはある)かーちゃんとしては、TOPIX100あたりをもうすこし重視してもよいのかもしれません。

残るは3.「EXE-I 新興国株式ファンド」と4.「DCニッセイ外国株式インデックス」ですね。ちょっとここで休憩して、また後ほどまとめさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました