【iDeCo】すべてはここからはじまった

iDeCo
Let’s not forget the importance of passion and time.
Advertisement

かーちゃんiDeCoに魅せられて

iDeCoをはじめるにあたって、かーちゃんが気をつけたこと。はい、ほぼありませんでした。

まずは金融機関の選択になるかと思いますが、軽くネットで調べたところSBI証券楽天証券にしておけばまあ外れないようだったので、楽天市場を利用したこともなければ、楽天ポイントを集めたこともないかーちゃんとしてはすんなりSBI証券に決めました

あ、でも思い起こせば SBI証券 ではTポイントの活用を検討しているという噂があり、それが決め手になったとも言えます(昨今逆風にさらされているTさんですが、かーちゃんはまだ好きですよ)結果としてSBI証券はTポイントを導入しましたし、まあ、今のところ後悔はしていませんね。

さて、細かいところははしょって、無事SBI証券で口座を開設したかーちゃん。当時は今のように2つのプランを選べたわけではなかったので、とりあえず並べ連ねられた商品から購入するものを選択する作業に入りました。

これもまた、金融庁のお墨付きだからどれを選んでも大丈夫、というお言葉を鵜呑みに気ままに行いましたね。

まず…

①なんだかんだいって「0」になるのは悲しいので、元本保証を2割。

  • 選んだのは:あおぞらDC定期
  • 理由:「あおぞら」というネーミングに惹かれて

②日経平均の未来は知れているというけれども、まあ一応これも2割。

  • 選んだのは:ニッセイ日経225インデックスファンド
  • 理由:人気者だったので

③個人的に新興国に思い入れがあるので、これを2割。

  • 選んだのは:EXE-i 新興国株式ファンド
  • 理由:当時話題になっていたeMAXIS Slimシリーズと同じようなものと判断したので

④先進国にしておけば安心らしいので、これを4割。

  • 選んだのは:DCニッセイ外国株式インデックス
  • 理由:人気者だったので

としてみました。

かーちゃんたまには様子を見てみる

さてさて、基本iDeCoは放置しているかーちゃんですが、先日ちょっと見直してみようかしらと思ったところ、何やら「★除外商品(予定)」の文字が。

ふむ、ゆくゆくは購入できなくなるうえに、ものによっては強制的に現金化されてしまうようですね(参照:SBI証券:運用方法の選定・提示に関する基準の見直しに伴う除外予定ファンドのご案内

勝手に現金化されるのも癪ですので、スイッチング(預け替え)しておきましょうか、ということで…

①元本保証?いや、もういいでしょう、と(いかにかーちゃんが投資にかぶれたかがわかりますね)日本を除く世界を対象とした朝日-Nvestグローバルバリュー株オープンに変更

  • 理由:NvestがHarvest(収穫、実り)を連想させたので

SBI TOPIX100・インデックスファンド(DC年金)に変更。

  • 理由:確定拠出年金専用なので。どんなものかと。

③そのまま、EXE-i 新興国株式ファンド

④これもそのまま、DCニッセイ外国株式インデック

かつ、 今後の掛け金は③と④を5割ずつのみ、としてみました。

かーちゃんどこまでも明るく

で、今のところはこんな具合です。

いやあ、見事に赤いですね。かーちゃんガハガハ笑っちゃいます。

まあ、シミュレーションしてみるとかーちゃん節税額が3万円と出たでので、このぐらいは許容範囲でしょう。ちなみにかーちゃんがシミュレーションしたのは楽天証券のサイトです(こういうときだけはちゃっかり利用します)

なお、かーちゃんのプランは今でいう「オリジナルプラン」に該当し、その後新しくできた「セレクトプラン」のほうがいいという話も耳にしますが、まあ変更するのも面倒ですし、それほど不便を感じているわけではないのでそのままにしています。

とまあ、iDeCoに関しては節税できたらいいわ、程度に思っているかーちゃんなので、それほど思い入れもなく…また気が向いたら経過をご報告させていただきますね。

追記

上記4つの商品についてはその後やはりきちんと調べるべきだと思い直して、以下にまとめてみました。よろしければご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました