【つみたてNISA】2019年分の積み立て完了!

NISA
Something does not change.
Advertisement

かーちゃん一家では、かーちゃんのつみたてNISA、ダーリンのNISA、スリーキッズのジュニアNISAと3種のNISAをすべて導入しています。そして、この度かーちゃんのつみたてNISA、2019年分の積み立てが無事完了しましたこと、ご報告します。

つみたてラインナップ

かーちゃんのつみたてNISAでは、以下4つの投資信託を採用し、なかでも4. SBI・新興国株式インデックス・ファンドに重きを置いて資金を投入しております。

  1. eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
  2. eMAXIS Slim新興国株式インデックス
  3. ニッセイ外国株式インデックスファンド
  4. SBI・新興国株式インデックス・ファンド

個々の選択理由などはぜひこちらをご参照ください。

そして、2019年の積み立てが完了した時点の成果はご覧のようになりました。

いやあ、近ごろのバブルにも見紛う(見紛いではないのかもしれませんが)上げ相場の影響で素晴らしい数字が出てきましたね。

+13.56%…銀行口座に眠らせたままでは決して成しえない上昇率です。

つみたてラッキー

こうして2019年も残すところわずか、このままバブリーに終わるのか、どこかでタガが外れるのか、はわかりませんが、とにもかくにもかーちゃんのつみたてNISAは現在のところ順風満帆な航海を続けております。

ところで、かーちゃん、つみたてNISAに参入するにあたってラッキーなことが2つありました。

1つ目のラッキーポイントは、

つみたてNISAを開始したのが2018年10月だったこと

記憶に新しい方も多いかと思いますが、2018年は10月から年末にかけて株価が下落を続け、時折盛り返しつつも12月には日経平均が1年3ヵ月ぶりに2万円を割りました。何がラッキーだったのかというと、ちょうどこの底を打つぞという頃合いに、かーちゃんは2018年のつみたてNISA枠を消費すべく、ドカッとSBI・新興国株式インデックス・ファンドを購入したのです。

2つ目のラッキーポイントは、

手元にまとまった資金があり、調子に乗っていたかーちゃんが2019年早々にこれまたドカッと購入したこと

思えば「つみたて」だというのに大胆極まりない行動をとったわけですが、

ちなみに、このドカッと購入はボーナス設定で処理しました。

結果として2019年の相場は年初の下落を最後にほぼ右肩上がり。

おかげで積み立て開始当初より、かーちゃんのつみたてNISAがマイナスになることはただの1度もなく(すくなくともかーちゃんがログインして状況を確認した場面においてはプラスでした)、心穏やかにその変遷を見守ることができております。

ちなみに、新興国ではなく先進国またはアメリカを対象とした投資信託を購入していれば、この上昇率はより高かったと思われます。

かーちゃんラインナップで言えば、3. ニッセイ外国株式インデックスファンド1本にしていればより高い上昇率が叩き出されたでしょう。

ただ、かーちゃんとしては新興国に手を出したかったので後悔はしておりません。これからもタンタン・コツコツと積み立てを継続して、温かく見守る所存です。

つみたてチャレンジ

そう、まとまった資金の費えたいま、かーちゃん2020年の目標としては今度こそただひたすら、タンタンと積み立てを継続することにあります。さすがにそろそろ本格的な急降下が起きるのではないかと思われますし、万が一マイナスになったとしても平常心を保ち(多少動揺しつつも)、積み立て続けること!を忘れないように実践していきたいものです。

ちなみに、つみたてNISAは2037年の投資可能期間を最後に追加投資はできないとされていましたが、その期間が5年延長されることになったようです(参照:自民党|Lib Dems 令和2年度税制改正大綱

この大綱によると、一般NISAのほうも積み立て要素をプラスした新しい形に生まれ変わるようですね。いずれにしろ、延長です。恒久化にはなりませんでしたが、今後も一定の非課税枠を設ける制度の設置は続いていくのではないでしょうか(政情によほどの変化が起きない限り)

つまり、あと〇年しかないのだから、と非課税枠を手に入れるために焦る必要はなくなったとも言えます。

注意!あくまでも予想ですよ!

ただし、何かを始めるのに遅すぎることはない、とはいえ、投資を始めるのに早いに越したことはない、ことも事実です。

“Never too late.”

ーモノゴトを始めるのに遅すぎることはない。

だけど、

“Earlier the better.”

ーモノゴトを始めるのに早いに越したことはない。

肝心なのは、

“Better late than never.”

ーモノゴトを始めるのが遅くなったとしても、なにもしないよりはマシ。

というところでしょうか。

もしNISA(一般にしろ、つみたてにしろ)の活用を迷われている方がいらっしゃるのであれば、せめて口座だけでも開設しておくことをオススメします!

つみたてヒストリー

ちなみに、かーちゃん、つみたてNISAをはじめた当初はわりと闇雲に行動しておりました。

【つみたてNISA】ちゃんと向き合おうプロジェクト、5:SBI新興国
かーちゃん“改めて購入した商品と向き合おうプロジェクト”続投します。 今度はつみたてNISA版です。 つみたてNISA とiDeCo さて、改めて商品...
【つみたてNISA】ちゃんと向き合おうプロジェクト、6と7:eMAXISSlim
かーちゃん“改めて購入した商品と向き合おうプロジェクト” つみたてNISA版、残る商品は2つ、ともにeMAXIS Slimシリーズです。 人気ものには福がある....

ですが、その後も諦めることなく情報収集および学習に励んだ結果、充分NISAという制度を利用できていると自負するに至っております。

そう、NISAは投資を始めるにあたっての最初のステップとしても好手だと言えるのです。

そして、かーちゃんは現状に満足することなく、日々精進する所存です!

タイトルとURLをコピーしました